トリマーとシェーバーの違い知ってます?

こんなことってありませんか?
セルフでVラインの処理を行っているときに、「脱毛したくない部分まで脱毛してしまった」、「シェーバーで剃ると、不自然なほどに毛がなくなってしまう」、etc。

確かに、カミソリやシェーバーでの処理や、除毛クリームでの処理はお手軽であり、最も安価にムダ毛を処理する方法ではあります。

ところが、上記で挙げたような不満が残ってしまうことも少なくはないでしょう。
それならば、Vライントリマーではいかがでしょう?

そもそも、Vライントリマーとはなにかご存知ない方もいらっしゃることでしょう。
それではまず、Vライントリマーとシェーバーの違いについて、簡単にご説明させて頂くことにします。

Vライントリマーとは、Vラインのムダ毛を処理する機械で、自然な感じに毛を残しつつ、スッキリと見せる効果を期待することができます。

でもそれって、シェーバーとどこが違うの?
このような疑問も湧き上がってくることでしょう。
シェーバーとVライントリマーは、根本的な概念が異なっています。

シェーバーとは、ムダ毛を根元から剃り落すための機械で、ほどよい長さに毛を残すことはできません。

つまり、男性のヒゲのように、スッキリと毛をなくしたい場合の使用に適しています。
一方、Vライントリマーは毛を剃るための機械ではなく、希望する部分のムダ毛を、根元からではなく途中の部分で焼き切る「ヒートカッター」です。

つまり、シェーバーのように毛を短くすることができない代わりに、自然な長さを残すことができる機械であるということです。

これであれば、剃りすぎてしまった、などのトラブルに見舞われずに済みそうですね。
ご興味のある方は、「Vライントリマー」で検索を行ってみて下さい。
4000円前後で、高性能なVライントリマーが見つかりますよ。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ