トリマーは熱処理。でも、ヤケドの心配はありません

Vラインをはじめとするアンダーヘアのお手入れの歴史は、案外古いようです。

今でこそ、脱毛エステティックサロンや美容外科などでお手軽にVラインなどのお手入れを行うことができるようになり、Vライントリマーなど、セルフで簡単にVラインのムダ毛処理を行うことのできる機械も販売されるようになりましたが、昔の方はなんと、お線香でムダ毛の処理を行っていたという話を耳にしました。

お線香で毛を焼き切る処理方法のメリットは、なんといっても毛先が鋭利にならず、処理後には丸くなっているため、チクチクとした感じがなく、また、下着の繊維の間から毛が出てきてしまうというトラブルも起こらないようです。

また、毛を焼くときの独特な臭いがお線香の香りで紛れてしまうため、臭いに対する問題もクリアーできるというメリットもあります。

ですが、デメリットも持ち合わせています。
それは、少し手元が狂っただけでヤケドをしてしまう可能性があるということ。
つまり、安全な処理方法とは言い難いということです。

そのお線香による処理を応用した機械が、Vライントリマーです。
Vライントリマーの使い方はとても簡単。

先端部の熱が伝わる部分にムダ毛を挟み、熱を加えるだけ。
慣れないと均一の長さに揃えることが難しいようですが、お線香による処理のように、ヤケドをしてしまう危険性はありません。

ですが、お線香で処理を行ったのと同じように、毛先は丸くなり、自然な感じに仕上がります。

ご興味のある方は、ぜひ、Vライントリマーとはどのような機械なのか、調べてみることをおススメします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ