Vライントリマーがオススメできない場合もあります

ムダ毛は私たちの身体の至るところにありますが、腕や膝下のように、比較的簡単に処理を行える場所もありますが、Vラインのように、初心者がセルフで処理を行うには少々困難な場所もあります。

そこで、ぜひ試して頂きたいのがVライントリマーです。
Vライントリマーとは、櫛状の先端部分に少しだけ毛束を挟み、熱により毛を焼き切る機械です。

私たちの体毛、とりわけVラインの毛の太さは個人差が大きく、一度に大きな毛束を作ってしまうとうまく焼き切れない場合がありますので、慣れるまでは少なめの毛束を作り、時間はかかりますがゆっくりと処理を行うことから始めましょう。

ところで、Vライントリマーを使用する際に、少々驚いてしまうことがあります。それは、毛を焼き切るという処理であるため、煙や臭いが出るということ。
ですが、機械の性質を考えればこれは当然のこと。

初めて使用するときにはビックリするかもしれませんが、これは機械の故障など、異常事態が発生したわけではありませんので、落ち着いて処理を行いましょう。
それから臭いの問題。

たとえば、ちょっとした拍子に髪の毛を焦がしてしまった、などのご経験をお持ちの方であればご理解頂けるのではないかと思いますが、毛の焼けるときには、ツンとした独特の臭いが発生します。

もしもこの臭いがどうしても苦手・・・ということであれば、Vライントリマーを強くおススメすることはできません。

細かい部分ではありますが、いったん購入すれば長い付き合いとなる機械ですから、そのような細部にも目を向け、慎重に購入を検討してみて下さいね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ